ホーム > 企業情報 > 沿革

企業情報

沿革

1958年 9月 資本金100万円にて羽田モーターサービス株式会社設立
1960年 8月 資本金500万円に増資、日本航空株式会社、日本航空整備株式会社資本参加。羽田給油所新設(第一給油所)
1960年 9月 空港モーターサービス株式会社に社名変更
1964年 11月 資本金3,500万円に増資
1966年 3月 羽田車両整備工場陸運局指定工場認可
1968年 3月 資本金5,250万円に増資
1971年 3月 資本金21,000万円に増資
1972年 5月 一般区域貨物自動車運送事業免許許可
1972年 12月 成田車両整備工場完成
1975年 6月 福岡出張所開設(1984年9月福岡事業所となる)
1976年 2月 成田車両整備工場陸運局指定工場認可
1977年 3月 高圧ガス製造認可取得
1977年 5月 福岡工場認証工場認可
1978年 5月 成田開港で成田地区全事業部営業開始
1978年 6月 資本金31,500万円に増資
1983年 2月 羽田第二整備工場完成
1984年 6月 航空機貨物コンテナULD修理場FAA(米国連邦航空局)認定
1987年 10月 株式会社日航エアポートエンジニアリングに社名変更
1989年 6月 全額出資グループ会社、有限会社福岡エイ・イー・シー設立(1994年3月に株式会社に変更)
1990年 10月 全額出資グループ会社、有限会社成田エイ・イー・シーサービス設立(1994年3月に株式会社に変更)
1991年 11月 名古屋駐在所開設(1994年9月名古屋事業所となる)
1993年 1月 成田II期地区給油所及び車両軽整備場完成
1993年 9月 羽田国際空港 羽田事業所第一工場完成
羽田国際空港 整備地区給油所、貨物地区給油所完成
1994年 3月 羽田事業所第一工場陸運局指定工場認可
1994年 8月 関西国際空港 関西事業所車両整備工場完成(関西事業所開設)
関西国際空港 関空ターミナルに給油所完成
1994年 9月 名古屋空港 名古屋事業所車両整備工場完成
2002年 12月 羽田空港新整備地区に本社を移転
2003年 7月 JCAB修理認定工場を取得(航空機用高圧ガス容器)
2003年 12月 株式会社日本エアモーターサービスと合併し、株式会社JALエアテックに社名変更
全額出資グループ会社も同時に、株式会社JALエアテック福岡、株式会社JALエアテック成田にそれぞれ社名変更
2004年 8月 ISO9001:2000の審査登録
2005年 2月 中部国際空港の開港に伴い、名古屋事業所閉鎖
2006年 3月 売上高 100億円突破
2007年 4月 整備用基幹コンピュータ「ウランズ」が正式稼動
2008年 12月 会社創立50周年
2010年 7月 ISO9001:2008の移行審査登録
2010年 11月 JALメインテナンスセンター2に本社を移転
2011年 10月 株式会社JALエアテック成田が株式会社JALエアテックサービスに社名変更
2012年 3月 関西事業所閉鎖
2005年 4月 車両関係リース事業開始
2006年 4月 米軍厚木基地内 事務所開設
2013年 7月 羽田ULD工場 昭和島へ移転
2014年 10月 三菱重工株式会社 MSJ4000認証取得
2015年 9月 米軍厚木基地内 事務所閉鎖
2016年 7月 羽田ULD工場 羽田空港 貨物地区へ移転
2017年 4月 株式会社JALエアテックサービス、株式会社JALエアテック福岡と合併

ページのトップへ

copyright (c) Japan Airlines. All rights reserved.